From Santa Fe

インディアン・ジュエリーの話、サンタフェの話、ニューメキシコ州の話、アメリカの話、そして私事・・・・

ANDERSON KOINVA 2012/06/04

2012-06-04 Mon 17:07:37

ANDERSON KOINVA の紹介です。


ホピ・オーバレ・ジュエリーを確立したアーチストの一人としてあまりにも有名な PAUL SAUFKIE の孫であり、義理の父親があの BERNARD DAWAHOYA というものすごい環境に育った彼は、若い頃はカチナを彫っていましたが、BERNARD からジュエリー作りを学び、今は昔のスタイルのホピ・ジュエリーを継承する数少ないホピのアーチストの一人として活躍しています。
作風は一見してわかるように、故BERNARD DAWAHOYA とまったく同じと言ってもよいくらいのクラシックなホピ・ジュエリーです。
昔のホピ・ジュエリーはシルバーに厚みがあり、ドーム状に叩いて仕上げていましたが、だんだんと薄く、平べったい繊細なデザインのジュエリーがホピの主流になっていきました。 しかし、彼の作品は今でも昔とかわらぬ厚み、デザイン、そしてブレスレットはもちろんペンダントなどもドーム状に叩き仕上げをしています。 30〜40年代のアンティーク・ホピとまったく変わりません。
ホールマークはサンフェースとヘビ、または「A.KONVA」です。
近日中に仕入れサイトに掲載します。 ご検討ください。

 



ここに記事を記入してください