From Santa Fe

インディアン・ジュエリーの話、サンタフェの話、ニューメキシコ州の話、アメリカの話、そして私事・・・・

THE BONTAJ ROULET

2009-09-24 Thu 13:07:06



 ボニーレイットとタジマハールのコンサートに行ってきました。シートはステージ正面、前から2列目、今年1番期待していたコンサートでしたが、期待以上の素晴らしいステージでした。ボニーレイットのコンサートは5回目でしたが、今までで1番のステージだったと思います。
 今回のコンサートは「THE BONTAJ ROULET」と名付けられたジョイントコンサートで、8、9月の2ヶ月間、全米30箇所で行われます。ファンにとっては奇跡に近いイベントです。
2人は70年代前半、ってことはボニーがデビューした頃からの交流なのですが、ジョイントコンサートは今回が初めてです。
 コンサートはタジマハールとファントムブルースバンドでスタートしました。ちょっとおしゃれなニューオリンズブルースを完璧なサウンドで楽しませてくれました。ファントムブルースバンドはレコーディングも一緒にやっているスゴ腕ミュージシャンのグループで、タジマハールはこのユニットでグラミー賞を6回受賞しています。ボニーレイットも9回の受賞をしていますから、2人合わせて15回!すご過ぎです。タジマハールは、70年代からちょこちょこと聞いていたミュージシャンで、僕の好きなレコードにはやたらゲスト参加しているので馴染みはありましたが観るのは初めてでした。典型的なニューオリンズの陽気なおじさんは、歌もギターもカッコよくてシビレました。
 約1時間のステージの後は、いよいよボニーレイットの登場です。バックを務める彼女のバンドメンバーは、4年前に観たときとほぼ変わらず、キーボードだけが新しいミュージシャンに代わっていました。ところがこのキーボード奏者、長い間デビッドサンボーンとプレイしていたジャズ屋さんで、めちゃスゴ腕!しかも歌もウマイ!一流って本当にすごいなあと思いました。長く活動しているバンドとの息はピッタリで、今までで一番のボニーレイットサウンドを聞くことができました。時々ファントムブルースバンドのメンバーも参加して、曲に厚みを出したり、タジマハールと2人だけでのアコースティックブルースも披露してくれました。
 やはり約1時間のステージを終え、次は全員でのセッションが始まりました。ブルース、ブルース、ロックンロール、1曲だけカリプソ、でまたブルース、ブルース、ブルースと大盛り上がりの1時間弱でした。ステージの前で騒いでいたので(いつもの事ですが・・・)少々疲れました。ボニーのプレイを5メートルくらいの距離でギターに穴が開くほど見ましたが、やっぱりスゴイ! もうローウェルジョージは超えちゃってます。完全に!
また行くぞー、ボニーレイットのコンサート!!!



LYNYRD SKYNYRD

2009-09-23 Wed 14:48:37


 日曜日の夜にレイナードスキナードのコンサートに行ってきました。騒ぎすぎたのか、翌日からあまり体調が良くなく、かるいカゼだったのでしょうか、ボーッとしていました。と言うわけで3日遅れのブログになってしまいました。
 コンサートの楽器、機材、PA、ライティングの膨大な量と7ヶ所のスクリーンを使ったショーアップされたステージのハデさは、今年観たコンサートの中ではダントツでした。バンドもウリのトリプルギターでまあ元気なこと!残念ながら音がこももりぎみで楽器の音がハッキリしないので、聞くよりもビジュアルで楽しんできました。
 レイナードスキナードはオールマンブラザースバンドと並んでサザンロックを代表するバンドですが、実際のステージの印象は、ブルースが好きなブリティッシュロックバンドって感じでした。きっと、スライドギターの音とかがもっとハッキリしていたらサザンロックらしかったのかもしれません。
 ノンストップで1時間40分のステージ、アンコールはお約束のフリーバードでおしまい。ちょっと短かったかなあ・・・・・
 サンタフェは昨日から寒波が押し寄せてきて、朝晩は0度以下にまで下がります。恐ろしい寒さですが、今晩はボニーレイットとタジマハールのコンサート、しかも野外!に行ってきます。今年一番の期待のコンサートなのですが、カゼひかない程度に騒いできます。報告は明日!!



JOE REANO

2009-09-14 Mon 21:31:38



 ジョーリアノの代表的なモザイクのブレスレットです。シルバーでは無く、巻貝の一部を使ってブレスレットに仕上げています。
 ジョーは1974年にインディアンマーケットで賞を獲得してから、現在までに16回も受賞をしているサントドミンゴの超有名アーチストです。彼のこのタイプのブレスレットは通常はとても高価なので、扱うことも少ないのですが、今回は破格値で譲ってくれました。手元に2本ありますので、近日中に仕入れサイトに掲載したいと思います。ご検討ください。



JAMES TAYLOR

2009-09-13 Sun 11:28:30


 いやあー朝晩すっかり寒くなってきました。 昨日の朝は7時に目が覚めて、新聞を取りに外へ出てブルッ!、気温7度でした。その時に見つけたバッタも凍えて動けなくなっていました。
 今週末でサンタフェのフィエスタも終わり、夏もサヨウナラです。本当に早く感じます。
 夜はジェームステイラーのコンサートに行ってきました。結論から先にお伝えすると、期待をはるかに上回る素晴らしいステージでした。
 声量も歌唱力も変わることなく、エンターテナーぶりは超一流、観客とのやりとりも楽しくて、完璧な音のバンドとも息はぴったり、あっという間の3時間(本当はすごく長い!)のコンサートでした。
今までに観たコンサートで、完成度の高いコンサートは、スティーリーダンとジョーコッカーが印象的でしたが、ジェームスがその間に割って入り込んできました。もう一度みたいアーチストの一人になってしまいました。
 新しい曲は全体の1割程度、1970年の「SWEET BABY JAMES」はもちろん、「MEXICO」、キャロルキングの「YOU'VE GOT A FRIEND」など懐かしい名曲が次から次へと演奏されていました。
シンガーソングライター、そしてギタリストとしても本当に素晴らしいアーチストで、グラミー賞やロック殿堂入りも当然の事に思えました。



 一般的には「FIRE AND RAIN」が代表作と言われていますが、個人的には75年の「GORILLA」、76年の「IN THE POCKET」がもっともお気に入りの作品です。チャンスがあったら聞いてください。
 今回もアリーナ、ステージから10メートルくらいのシートだったので、途中からはステージに上半身を乗り出して騒いでいました。コンサートが始まる前に買ったツアーT-シャツを手に持っていたのですが、曲の合間にジェームスが寄ってきて、サインをしてくれました。いつもの事ですが、コンサートに行くとミーハーになってしまいます。イイ年して・・・・オハズカシイ・・・・・
 来週の日曜日には、ガラリと変わってレーナードスキナード、その後の水曜日には私の今年のハイライト!ボニーレイットとタジマハールのコンサートに行ってきます。来月にはロギンスアンドメッシーナも控えています。しばらくミーハーおじさんが続きます。




NEW LANDER

2009-09-06 Sun 15:15:34

 アメリカは今、レイバーデーウィークエンド、3連休中です。 と言うわけで少しダラダラ、では無くリラックスムードで仕事をしています。
 ニューランダーのペンダントを紹介します。ニューランダーは、ランダーブルー鉱山の近くで産出されるようですが、構成する成分が異なる為、分類上はターコイズではありません。ただ、ランダーブルーそっくりのウェブの美しさと産出量が少ないこともあって、けして安い石ではありません。



 昨日はサントドミンゴのマーケットをぶらぶら歩いてきました。あまりの暑さに気が遠くなりそうでしたが、サンタフェのインディアンマーケットとは異なり、ゆるゆる感タップリの空気に癒されました。





TURQUOISE MOUNTAIN

2009-09-03 Thu 12:26:55


 今年のインディアンマーケットに来られた方、来られなくてもウワサを耳にした方もいらっしゃると思いますが、ゲーリーリーブスが少ししかジュエリーを持っていませんでした。サンシャインが沢山のジュエリーを持って来ていたのとは随分と対照的でした。
 実は、彼はマーケット前に原因不明の頭痛に襲われてしまい、アルバカーキの病院に行ったり、そのときのゴタゴタでジュエリーやターコイズを入れてある貸金庫の鍵の番号を忘れてしまったり(信じられない話ですが、どうやら本当の事のようです。)で、ほとんどジュエリーを作ることが出来なかったのです。
 体調も良くなり、貸金庫も新しい鍵に付け替えし、インディアンマーケットが終わってしまってからジュエリーを作り始めたゲーリーが、マーケットに出品する予定だったジュエリーをドサッと持って、やって来ました。
 どれもなかなかの力作ですが、目を引いたのはネバダ#8とターコイズマウンテンの素晴らしさ、特にターコイズマウンテンは深いブルーにナンバー#8のような綺麗なウェブが入った極上のターコイズです。
 どこから手に入れたのかは教えてくれませんでしたが、これほどのターコイズマウンテンは、なかなかの貴重品だと思います。
 先ほど、ゲーリーの持ってきたジュエリーを仕入れサイトに掲載しましたので、ぜひ、ご検討ください。