From Santa Fe

インディアン・ジュエリーの話、サンタフェの話、ニューメキシコ州の話、アメリカの話、そして私事・・・・

MICHAEL KIRK

2009-06-30 Tue 19:03:09



マイケルカークの作品を仕入れサイトに掲載いたしました。昨年秋から色々とあって仕事が遅れていたのですが、やっと抱えていたオーダーを全てクリヤーできたようです。しかし、8月のインディアンマーケットに向けて、現在作品がまったく無いので、今から集中して制作するそうです。と言うわけで、インディアンマーケットが終わるまではオーダーは受け付けないと言っていました。
仕入れサイトに掲載されている作品以外には、インディアンマーケットの後まで入荷はありません。
ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。



鳥の巣ーその後(2)

2009-06-29 Mon 18:01:28

生まれましたー!!!





視力

2009-06-28 Sun 09:58:19

 左目の手術をしてからもう5ヶ月が経過したのですが、相変わらずゆがんで見えるし、左目だけ視力は落ちるし、とどめに老眼は進むしと、まったく困った状態が続いていますが、せめて気分だけでも落ち込まないようにと出来る限り気にしないようにしています。最近マージャンが流行っていて、夜になるとジャラジャラと楽しむことが多いのですが、よく見えないので、「東」、「南」、「發」などを見間違えて「ポン!」と言ってしまうことがしばしばです。みんな事情を知っているので寛大な心で許してくれますが、情けないものです。
 下の写真は、友達の家の犬ですが、犬にもやはり老眼はあるのかしらん・・・・????





MUSHROOM

2009-06-27 Sat 17:06:20

 例年よりも1ヶ月くらい前倒しで雨季に入ったようなサンタフェ、アメリカの気象庁は昨日、モンスーン・シーズンに入ったと発表しましたが、みんなとっくにそう思っていたわけで、驚くことも無く、ただただ異常気象なのだなあと感じているのです。
 そう言うわけで、いつもカラカラのサンタフェも最近は多少の湿り気があるので、砂漠には似合わないキノコが生えたりします。今朝見つけたキノコが下の写真です。「なんだこれ!」なんともアヤシイ、アブナイ感じです。





ORVIL JACK TURQUOISE

2009-06-24 Wed 10:46:26


 別名「クレセントバレーターコイズ」とも呼ばれるオービルジャックは、産出量も少なく、特徴的な黄緑やレモンイエローの物はかなり価値のあるコレクター収集品です。
1956年から採掘されているターコイズですが、主流はブルーの美しいウェブの入ったターコイズでした。緑色のターコイズは商業ベースに乗ることは無かったのですが、オービル氏は美しい黄緑やレモン色のターコイズに惹かれ、自身のコレクションとしていました。彼が他界した後、この黄緑やレモン色の貴重なナチュラルターコイズが評判になり、高値で取引されるようになりました。それからは、他の鉱山から産出される緑色のターコイズにも視線が集まるようになったのです。しかし、緑と言うよりも黄色に近い、これほど美しいターコイズは他にはありません。

 マイケルカークがオービルジャックを手に入れ、彼の代表的なフェザーブレスレットを完成させました。鮮やかな黄緑色は、にわかにターコイズとは信じられないくらいですが、これがナチュラル・オービルジャック・ターコイズなのです。

この貴重なブレスレットを仕入れサイトに掲載いたしましたので、ぜひ、ご検討ください。



遠足

2009-06-22 Mon 14:05:32



去年末に開通したレイルランナーに初めて乗ってアルバカーキの植物園へ「Santa Fe JIN」のメンバーと遠足に行ってきました。
いつもハイウエーから見る景色とは違って、見慣れたはずの砂漠の風景も不思議と妙に新鮮な感じがしました。
植物園には、日本庭園を見学に行くのが目的でしたが、いつものごとく目的とはまったく関係ないところに引っかかってしまいました。



写真は蛾です。大きさも形もセミにしか見えない蛾です。



最近は日本でも手に入るアーティチョーク、茹でてバターでいただくと実に美味なのですが、初めて畑で見ました。高さは私と同じくらい、実はこぶしよりも二回り大きくて、完全におばけアザミです。花も間違えなくアザミでした。



オリジナルも本当にジョンディアーなのでしょうか・・・・?



要するに「立ち入り禁止」ですネ。

目的の日本庭園は、もちろん素晴らしいものでした。雨上がりの蒸し暑さもあって、京都にいるような錯覚を覚えるくらいでした。
たまには遠足も楽しいものです。



鳥の巣ーその後

2009-06-16 Tue 14:41:06

 先日のブログに書いた、植木鉢の中の鳥の巣情報です。今朝、覗いて見たら、卵が4個に増えていました。楽しいですネエ・・・・





MONSOON SEASON

2009-06-14 Sun 08:07:57


 カラカラのサンタフェにも雨季があります。例年なら7月中旬から8月中旬あたりが「モンスーンシーズン」で、入道雲が発達してピンポイントで激しいカミナリと雨を降らせます。範囲は狭く、時間も短いのですが、砂漠には貴重な雨なのです。ところが今年は、もうすでにシーズンに入ってしまった様な天気が続いています。毎日何処かでスコールがあり、しかも涼しいのです。6月の第4週から7月の第1週にかけて、1年の最高気温を記録するのが通常ですが、今のところそれほど暑くなりそうにありません。

 チャコキャニオンでキャンプをする計画を立て、準備をしていたのですが、天候が安定しないので中止することにしました。ロフトに出しっぱなしの寝袋は、いつの間にかイチの昼寝場所になっていました。なぜか、使い方を知っています。



鳥の巣

2009-06-12 Fri 17:26:45


 夏になるとパティオでグリルを使ったり、食事をしたりすることが多くなります。で、ちょっと飾り付けをと花を5鉢下げました。
 今朝、花に水をあげようとしたら、鉢の中に鳥の巣ができていることに気がつきました。しかももう卵がひとつ!
巣を濡らさないようにと気を使いながら水をあげましたが、しばらく続くことになりそうです。



 下の写真は、先日チマヨに行ったときのものです。センチネラ・アートの軒下にツバメの団地があるのですが、それぞれの巣穴からヒナが一羽ずつ顔を出しているのがとてもユーモラスでした。




ALBERT NELLS

2009-06-02 Tue 19:22:08


アルバートのリングを仕入れサイトに掲載しました。このリング、最近の1年間に2回の仕入れをしたのですが、2回とも仕入れサイトに掲載する前に完売してしまったので、掲載は随分と久しぶりになってしまいました。彼の代表的なデザインのリングは、1989年のインディアンマーケットで3位を受賞したものと同じデザインです。ご検討ください。



同時に、ブレスレット3点も掲載いたします。こちらは、いつもより安く譲ってくれましたので「要チェック!!」です。あわせてご検討ください。よろしくお願いします。