From Santa Fe

インディアン・ジュエリーの話、サンタフェの話、ニューメキシコ州の話、アメリカの話、そして私事・・・・

カネゴン・・・・???

2009-03-30 Mon 09:00:37




上の写真、どうしてもカネゴンに似ていると思うのですが私だけでしょうか?インディアンジュエリーに良く使われるスパイニーオイスターなのですが、なかなか気になるルックスです。オレンジや赤、紫などの色があり、とても綺麗な貝です。アーチストの作業場に置いてあるのを撮影させてもらいました。
今まで暖かかったサンタフェも、最近は真冬に逆戻りした感じでちょっとガッカリなのですが、それでも春はすぐそこ、そしてアッと言う間に夏がやって来るわけで、今、夏の定番サントドミンゴのヒーシーをどんどん仕入れています。色々なアーチストの作品を集めていますのでご期待ください。







HARVEY MACE

2009-03-28 Sat 12:44:14




 数日前に仕入れサイトにアップしたハービーの作品が、アッと言う間に完売してしまい多くのお客様にご迷惑をおかけしてしまいました。そこで、ハービーの手持ちを全て仕入れることに決め、目の手術後始めて、一人で車で遠出をしてきました。と言っても、走行距離250kmくらいですからたいした事はないのですが、あいにくの雪! 途中、ハイウエーで横転している車を2回見てしまい悪夢を思い出しました。ま、私は完璧な安全運転を心がけて無事でした。左目の映像はゆがんで焦点も合わないのですが、遠くを見ているかぎり普通にしていられるので運転はまったく問題なく、むしろ良く見えない分、安全確認が今までより丁寧になった気がしました。
 ハービーの手持ちは全て引き取ってきましたので、依頼されている分を除きすぐに仕入れサイトに掲載します。これで、ハービーの作品は1ヶ月くらいお休みになると思います。
 最近はポカポカとすっかり春の気分でうかれていたのに、いきなり真冬に逆戻りしてしまい少々ガッカリだったのですが、帰りのハイウエーから見たサンタフェの街は真っ白でとても美しかったので良しとしました。






Gerald のペンダントとリング

2009-03-19 Thu 12:57:45





 さきほど仕入れサイトにアップした Gerald Lomaventema のペンダントとリングの細部写真です。上のペンダントはベースとサンフェース部分の4層のオーバーレイになっています。使用している石は Lone Mountain です。
 下に、リングのサイド部分の写真を掲載しておきます。参考にしてください。

























2009-03-19 Thu 07:49:13





 毎日平年以上の暖かさが続いています。もうすっかり春のようです。庭の花も咲き始めて、気持ちもウキウキしてきます。昔は5月でも雪がちらついたりしたサンタフェですが、温暖化の影響なのか、最近はそんな事はなくなりました。暖かい方が気分は良いのですが、地球にとっては良いのか悪い事なのか、色々な変化を実感できるようになってきましたねえ・・・・・・


リラックス

2009-03-16 Mon 09:21:52





 病気や怪我をした後、お医者様の治療や薬のお世話になったりすると、回復するにつれ、薬の影響や体の治癒能力、神経や脳の働きなどに色々な発見があったりして、さしずめセルフ人体実験みたいに思えることがよくあります。
 飲み薬の副作用でしびれた左手は、随分良くなりましたがまだ小指の感覚が戻りません。ひじの内側のある1点にふれると小指がさらにしびれるのを発見して、神経のつながりが実感できます。左目は、中のガスの気泡もずいぶん小さくなり、前を向いているのも苦痛ではなくなりました。顔を上げると気泡は眼球の上に移動し、見える画像では下の方に気泡が存在します。人間の目は凸レンズですから画像がさかさまになるのは当たり前なのですが、見ているものはさかさまにならずに眼球の中の気泡の位置はさかさまになるのはどうしてなのだろうと思ってしまいます。脳が修正しているのだと聞いたことがありますが、なんとも不思議です。脳はずいぶんと努力しているようで、まだ歪みもあり焦点もボケている左目の画像なのですが、それでもかなり良くなってきたので、いままであきらめていた脳も、最近は左右の目からの画像をなんとか一致させようと働き出したようで、特に近場を見ている時、コンピュータなどてきめんなのですが、どうしても一致させられないのでしょう、目の奥と頭がガーン!と軽い痛みと共に重たくなってしまいます。こうなると1時間の休憩です。
 休憩は、目をつぶったりできるだけ遠くの木など見ながらボーッとします。で、最近はお香を楽しんだりしているのですが、これがなかなか癖になります。日本で手に入れた色々な香りのお香やら、仕入れサイトにも掲載しているこちらのお香やら、色々と楽しんでいます。香りはもちろんですが、立ち上る煙を見ているとなぜかとてもリラックスできます。お勧めです!


GERALD LOMAVENTEMA

2009-03-15 Sun 10:46:26

 Gerald Lomaventema の紹介です。2005年までGerald Honwytewaと名乗っていましたが、今は成人名のLomaventemaを名乗っています。去年、一昨年と続けて日本でのイベントに参加しましたので、日本での知名度がかなり高くなったアーチストです。1987年から製作活動をはじめ、2002年にホピとギャロップの2ヶ所のショーで賞を獲得して以来、オーバーレイとキャストの両方の技術を使った質の高い作品を発表しています。
 紹介するのは個人的には「売れなくても良いかなあ」と思っているZIPPOライターです。スターリングシルバーのライターにスネークとカチナ(Wuyak-ku-itaだと思います)の2点のオーバーレイと底の部分にホールマークがあります。なんだかすごく存在感のあるライターで、自分は喫煙はしないのですが、なんとなく持っていたい気分にもなります。
 この作品は仕入れサイトに掲載するつもりはありませんが、興味のある方はメールでお願いします。ブレスレット、ペンダント、リングなどの掲載は予定していますのでご期待ください。









経過報告

2009-03-12 Thu 17:59:08

 日中、近場の良く知っている道、30分間以内の条件で、運転が出来るようになりました。

嬉しい!!!!!!!!!!






Jason Takala

2009-03-10 Tue 14:55:24




 ジェーソンタカラのブレスレットとリングが手に入りました。
あまりにも有名なアーチストですので、今さら感はありますが、簡単に紹介しておきます。彼の母方の叔父があの有名なバーナードダワホヤ氏です。バーナードのジュエリー製作技術を教わりはじめたのが1966年だそうです。その後、自分で作品を発表するようになったのが1976年だそうですから、現役のホピのアーチストとしてはかなりのベテランと言う事になります。
 作品の特徴は美しいデザイン、銀と金のコンビーネーションとカットの正確さでしょう。「Man-in-the-maze」のデザインも彼の得意とするところです。
今回手に入った作品は、間もなく仕入れサイトに掲載いたしますが、仕入れサイトでは分かりにくい部分もあるので、写真を掲載いたします。






細部にまで丁寧な仕上げのブレスレットです。
リングも正面からは分かりにくいのですが、サイドの部分にも色々なデザインが施されています。




下の写真は、製作途中のジュエリーです。来月には完成したものが手に入る予定になっています。









社会復帰・・・!???

2009-03-09 Mon 13:42:06

 助手席に座ってドライブなんてめったに無いので、1泊2日のフェニックスでもすっかりリラックス、楽をさせてもらいました。見慣れた景色も違って見えたり、新しい発見があったりするのが不思議な感覚でした。
 ショーは、数年前よりも規模が小さくなっているのは経済状態を反映しているのでしょうが、それでも沢山のブースが並び、来場者でにぎわっていました。
 引きこもりだったので、久しぶりに会うアーチスト達も多く、そのたびに目の手術の説明をしなくてはなりませんでした。
 日本の友人にも会えたりして、やっと社会復帰できたような気分になれました。

**お勧めレストラン情報**
 フェニックスに着いた日の夜、友人がインターネットから見つけ出した「香港一のレストランがついにアメリカに上陸」と言う、あきらかにウサンクサイ情報が気に入ったので、行ってみました。場所はちょっと遠くて、メサに近いのですが、行ってみるとアジア系の店ばかりが集まったショッピングセンターの中にありました。歩いている人たちも東洋人ばかりの不思議な空間です。レストランに入ってみると、ぶら下がっているダックちゃん達とご対面。アメリカ人の多い場所では考えられない店です。お客さんも中国人がほとんどのようでした。メニューも充実しているし、値段も安い! しかも、かなりおいしい! 少なくともニューメキシコのどの中華レストランよりも上なのは間違えありません。海老のロブスターソース、モンゴリアンビーフ、チャーハンをペロリでした。けしてお洒落な店ではありませんが、味はお勧めです。

Best Hong Kong Dining
1116 S.Dobson







経過報告

2009-03-05 Thu 19:26:26

 随分と楽になってきました。時々、不快感はありますが、普通にしていられます。左手のシビレも少し減ってきましたが、薬の副作用はすごいもので、やめてから1週間経ってもまだシビレは残っています。左目の視界も80%はありそうですが、画像がゆがんでいるので、両目で見ていると気分が悪くなってしまい、ついつい右の片目で見てしまいます。まあ、1ヶ月前と比べたら、もう天国です。
 運転もできないことですし、今年はあきらめようと思っていたハードミュージアムのショーですが、なんと! フェニックスの往復、運転してくれるという神様みたいな友人が現れました。と言うわけで、今週末、1ヶ月以上ぶりの外出、しかもいきなりアリゾナ! 大丈夫かしらん・・・?
日曜日しかショーは見れませんが、それでも楽しみです。
 行ってきまーす!!
って、本当に大丈夫かしらん・・・・・?